雇用調整助成金のオンライン申請受付が5月20日正午から始まります。

※不具合のため、オンラインシステムを停止しているとのことです。

申請サイトはこちらです。https://kochokin.hellowork.mhlw.go.jp/prweb/shinsei/

オンライン申請の流れや必要書類については、こちらのPDFをご覧ください。

また、その他手続内容についても5月19日以降、簡素化が図られています。

  1. 休業等実施計画届(様式第1号)の提出が不要になり、支給申請のみの手続となります。(計画届と一緒に提出していた、売上減少が分かる書類、名簿、就業協定書などは支給申請の際に提出が必要です。)
  2. 小規模事業者の申請の場合、支払った休業手当額から助成金の額が算定できるようになりました。以前は労働保険料確定申告書から数字を引っ張ってくる必要がありましたが、今後は「支払った休業手当額」に「助成率」をかけるだけの算定方法に変わりました。
  3. 小規模以外の事業者の申請についても、「平均賃金額」「所定労働日数」の算定方法を簡素化し、源泉所得税の納付書から1人あたり「平均賃金」を、「所定労働日数」を休業実施前の任意の1か月をもとに算定できるよう変更されました。

申請期限についても、通常よりも長く設定されています。

これらの詳しい内容については、厚生労働省のリリースをご覧ください。

また、令和2年度2次補正予算で、現在8,330円に設定されている雇用調整助成金の上限を15,000円に見直すことや、雇用主から休業手当が支払われない労働者を対象にした「みなし失業」や「休業者給付金」といった制度が検討されています。