新型コロナの影響を受けた中小企業者を対象にした、千葉県内各市町村の助成金・給付金について、6月29日現在で新規に公表、またはこちらで確認した情報を掲載しております。

また、テナントオーナー向けの助成や、休業要請対象事業者のための助成金について6月いっぱいまでの受付となっているものもありますので、そちらもまとめました。

今まで投稿していた各市町村の情報については、以下の画像のリンク先にまとめてありますので、こちらもご覧ください。トップページからも同じページがご覧いただけます。


新規掲載

千葉市

テナント支援金(6/29追加)

以下の1または2の休業要請を受けた業種又は飲食店に対し、令和2年6月1日から令和2年6月30日の間に支払った賃料の2/3(上限25万円)を給付

1 千葉県から発出された休業要請に応じて休業した中小企業・小規模事業者の店舗
 (千葉県の休業協力要請施設一覧)

2 自粛要請により実質的に休業に準ずる影響を受けた飲食店のうち、中小企業・小規模事業者の店舗
※市が定めた「新型コロナウイルス感染症対策8か条」を遵守し、かつ千葉県の飲食店に対する酒類の提供自粛の協力要請に応じた店舗に限ります。

銚子市

中小企業事業継続支援金(6/29追加)

前年同月と比較して、30%以上50%未満売上が減少した事業者を対象に、10万円給付。国の持続化給付金、県の中小企業再建支援金を受給していないことが条件。

旭市

中小企業者等事業継続支援金(6/29追加)

前年同月と比較して、売上が50%以上減少した事業者に20万円、30%以上50%未満減少した事業者に10万円。旭市飲食店等緊急支援給付金の受給者は手続きなしで10万円追加支給。

締め切り間近(6/30までの受付)

テナントオーナー向け

千葉市

テナント支援協力金

休業要請を受けた業種又は飲食店が入居しているビル等のオーナーのうち、賃料減免の配慮要請に応じたオーナーに対して、緊急事態宣言の発令期間中に減免した賃料を1テナント当たり50万円を上限に支援

流山市

テナント支援協力金

店舗や事務所の家賃を減額したオーナーに減額分の80%相当額を助成。1テナント1カ月につき上限50万円

休業要請対象事業者向け

茂原市

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金

千葉県からの休業要請に応じて休業を行った施設、または感染防止のため休業や営業時間短縮などを行った飲食店等の事業者に対して、1店舗当たり10万円(最大3店舗30万円)

袖ケ浦市

飲食店支援事業臨時給付金

休業要請を受けて営業時間短縮などを行っている、店内で飲食できる飲食店を対象に、1店舗当たり10万円を給付。市内に複数店舗がある場合は、店舗数分申請可能

御宿町

感染症蔓延防止協力金

宿泊表・飲食業・遊漁船業を対象に、休業や感染症蔓延防止対策を講じて営業した場合に、最大20万円(昨年5月の1日当たりの平均売上×休業・感染症対策に協力した日数)

締め切り間近(7/17までの受付)

山武市

中小企業緊急支援給付金(5/25追加)

前年同月と比較して50%以上売上が減少した事業者を対象に15万円、30%以上50%未満売上が減少した事業者に10万円給付。

飲食店等緊急支援給付金の給付を受けている場合、50%以上売上が減少した事業者が5万円、30%以上50%未満売上が減少した事業者は対象外