緊急事態宣言が3月7日まで延長されることを受け、12月23日~1月11日の第1弾、1月12日~2月7日の第2弾に引き続き、2月8日~3月7日までの間、休業または20時までの時短営業を行った飲食店を対象に、協力金が支給されます。

千葉県のこちらのページに情報が掲載されています。千葉県のページで発表されている内容を以下で解説します。

支給対象

令和3年2月8日から3月7日までの全期間、継続して要請に御協力いただいた県内全域の飲食店(食品衛生法に基づく「飲食店営業」又は「喫茶店営業」の許可を受けていること)
【要請の内容】
・20時から翌朝5時までの営業自粛
・酒類の提供は11時から19時まで

以前の協力金と同じ内容です。第2弾では途中からの時短・休業も対象になりましたが、今回は2月8日からの時短・休業が必要となりそうです。

支給額

1店舗あたり一律168万円(1日6万円)
※ 要請期間中に協力要請が解除になった場合は、協力日数に応じた額を支給します。
※ 協力金の詳細、受付期間、申請方法、申請書類等については、後日お知らせします。
※ 協力金の申請時に営業時間の短縮及び酒類の提供時間の短縮を行ったことや酒類の提供時間などを確認できる書類を提出していただきますので、現在実施している協力金制度を参考に、記録をお願いします。

第2弾と同じく、1日当たり6万円でお店の規模にかかわらず一律の支給です。お店の規模に合わせて金額を変えてほしいという報道もありましたが、なるべく早く支給を行うため、今回も金額が一律になったようです。

現時点では、緊急事態宣言を3月7日までとしていますが、早期に解除された場合は、その日までの日数×6万円の協力金になります。

本協力金についての問い合わせ先

千葉県感染拡大防止対策協力金コールセンター
【電話番号】0570-003894
【受付時間】9時から18時まで(土・日・祝含む)

申請についての予想

必要書類は第1弾、第2弾とほぼ同じになると思われますが、東京都の協力金では1月8日以降の協力金について、水道光熱費の検針票など営業実態が分かる資料が必要になりました。千葉県も同様に営業実態が分かるような書類が追加される可能性があります。

協力金の第1弾の受付が2月15日まで、第2弾が2月10日(オンラインは15日)~3月10日までの受付となっています。第3弾も緊急事態宣言があける3月7日以降の受付開始で、1カ月程度の受付期間になると思われます。